簡単DIYで、簡単に整理整頓

>

自分で作る=オリジナル

箱よりも袋を使ってみよう。

冷蔵庫の収納場所を分かりやすくする為にテレビで放送されるが、箱を使って種類ごとに入れる事です。
箱に収納する際に、必要なのが『サイズ』です。縦横高さの3編の長さを確認してから冷蔵庫に入れます。
しかし簡単に冷蔵庫の規格に合う箱があるでしょうか?
実際は難しいので、そこでおススメするのが『紙袋』です。
紙袋だと高さ調節も簡単だし、少し小さくしたい時でも、折りたたむ事が可能です。
しかし冷蔵庫に入れる場合は、湿気でふにゃふにゃになりやすいので注意が必要です。
ただ反対に言えば、汚れやすい物を入れておくとすぐに廃棄でき掃除が簡単です。
もちろん、箱に種類ごとに分けておくのもおススメですが、まずはお試しで紙袋を使ってみませんか?

+αで分かりやすい

収納箱や袋に名前を付けると分かりやすくなります。
その時に活用できるのが、ネームテープやマスキングテープが便利です。
マスキングテープなどに収納物を記載すると、何が入っているのか分かりやすく、探す手間が省けます。
マスキングテープは、剥がしやすいのが特徴なので、中身を詰め替えた時に簡単に修正する事が可能です。
また最近では洗剤などに、自分で作成したラベルを張り替えたりするのも流行していて、部屋のインテリアに合わせたりするも良し、アイドル好きは自分の押しのメンバーの写真を付けるなど、様々なラベルでお洒落に演出しています。
自分の好きなアイドルの写真を入れて、お掃除を頑張ったり、お洒落を頑張ったり、整理整頓を頑張る事ができるのかもしれません。


この記事をシェアする